実際にお店に行ってみました

スポンサーリンク


実際にお店に行ってみました


 

eアイキャッチimage1

 

お客さんが誰もいないお店の扉を開けると、
奥のほうから「いらっしゃいませ」という静かな声が聞こえてきました。
店長さんのようでした。

 

今日はたまたま通りかかった
量販店系列のお店に実際に入ってみたのです。

 

普段はネットで商品を探している私ですが、
このサイトをつくったときから、
実店舗さんにもお邪魔してみたいと、
ずっとずっと思っていたのです。

 

店長さん(男性)はとても腰の低い方で、
控えめに近づいてきて、
「置き場所はもうお決まりですか?」と、
声をかけてくださいました。
地味ですが親切そうな方でした。

 

「いえ・・・」と口ごもった後に、
「ちょっと見に来ただけなので・・・」と言って、
店内を見て回りました。

 

ふと目に止まったお仏壇の前で足を止めると、
店長さんがすかさず、
「これは本物の木を使っているんです。
こちらは(隣のもの)、ほら、触るとツルツルしていますでしょ?
これは木目をプリントしているんですよ。」と説明。

 

今思えば、(だから今ご覧になっているのはいいお品物ですよ?)
と言いたかったのだと思いますが、
そのときは、なぜか自分は、
(あとでクレームにならないためにも、
誤解を招きそうなことは早めに言っておく、ということかな?)
などと思ってしまいました。

 

そして同時に、
「いきなりそんな種明かしみたいなこと言っちゃってもいいの?」
と思いました。

 

その後すぐに、店長さんに代わって、
横についてくださった方も、
とても親切で気さくな感じのいい女性の方で、
本当は店内をさっと見てすぐにお店を出ようと思っていたのに、
お尋ねしやすい人柄だったため、
色々質問してしまいました。

 

扱っている商品が、
大勢の人が休日に大挙して買いにくるようなものではないので、
このお店は、平日は、
店長さんとこの女性の方と二人で切り盛りなさっているのかもしれません。

 

それにしてもお店って本当に”人”ですね。

 

いい方に出会うと、初歩的なことでも聞きやすく、
それに誠実に答えていただくと、
お店への好感も信頼感も増してくるのがわかります。

 

ご紹介サイトを運営していて言うべきことではないのですが、
本当はこうやって、人と人とが触れ合いながら、
素朴な疑問やお祀りの仕方などを教わりながら、
売る側も買う側も心を通わせてお品選びをするのが、
本来の買い方なのだと思います。

 

ですが、そこに至ることができない方もいらっしゃいます。
お住いなどの物理的な事情、
お仕事などの時間的な事情、
そして、ご予算などの金銭的な事情。

 

そういった方々にとってインターネットは、
個々のご事情に合ったお仏壇を、
幅広い選択肢の中から見つけることができる、
有効な手段、そう信じて、
今日も、皆様にご紹介したいお仏壇を探している私です。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)