買わなくてもお店をのぞいて目を養ってください

スポンサーリンク


買わなくてもぜひお店をのぞいて目を養ってください


 

アイキャッチHakataben_banner_in_Kawabatadori_Shotengai

 

本日、実際に仏壇屋さんに入ってみたのは、
このサイトで扱っている商品の実物を見てみたいという思いもありました。
ショップ様のサイトで材質や仕上げや原産国などを拝見していると、
どんなに写真がきれいでも、なんとなく品質が想像できたりしますが、
やはり本物を見てみないと何とも言えない部分もあると思います。

 

今日、お店で感じたのは、いわゆる家具調仏壇とよばれるお品物には、
思った以上に安っぽいものも多いな、ということです。

 

店内には何十万もする唐木仏壇もたくさん飾られているので、
それらを見てから家具調仏壇コーナーに行くと、
それなりの価格の商品であっても、
物足りなさを感じて少々貧相な感じがしてしまうのは仕方ないかもしれませんが、
そういった中で、さらにコンパクトな上置き仏壇となると、
店内で見ると本当に小っちゃくて、今日伺ったお店では、
品数も少なく、陳列場所も目立たない端っこのほうに追いやられている感じでした。
そして、ものよっては、通販によくあるような、
学童用のボックス家具のようにさえ感じられるものもありました。

 

ですがその一方で、ホームページで見たままそのままで、
小っちゃいけどイメージ通りで納得できるお品物もあります。

 

各ショップ様の商品レビューを拝見していて、
「店舗に行ってあまりの高額に驚いて、ネットでの購入を決めた」
「何十万もする商品と同等のものがネットでは半額以下のため即決した」
といったコメントがありましたが、それは半分正しく半分間違っていると思います。

 

店舗で実物を拝見すると、廉価品はやはり廉価品であることがわかります。
ですが、その廉価品であってもネットよりもかなり高く売られていたりします。

 

私はぜひ皆さんに、(たとえお店で購入する気持ちはなくても)
必ず一度はどこかの店舗に足を運んでいただき、
実物を見て感じたご自身の感覚を大事にされながら、
嗅覚と目利の勘を養っていただきたいと思いました。

 

そのうえで、ご希望のお仏壇をネットでお探しになるとよいと思います。
いやぁ、一度は足を運んだほうがいいですよ、絶対。
今は郊外のバイパス沿いなどに、入りやすい大型店などもあります。

 

お店の方とお話してみるだけでも参考になりますし、
お仏壇には商品名がありますから、それを伺って、
そのあとネットで検索してもいいですよね。
(お店の方、こんなことを申し上げてすみません・・・)
いずれにいたしましても、それがどんな商品であっても、
納得のいくお買いものをなさって欲しいという思いです。

 

さて、今回、私が知っているお仏壇としては、
『イエロースター』『キューブ』『撫子』の3つがありました。

 

『イエロースター』はその名の通り黄色いお仏壇ですが、
お色が少し人工的な感じですね。

 

『キューブ』はウォールナットがありましたが、
こちらはネットで見た通りの外観です。
悪くないです。
ただ、前のバージョンなのでしょうか?
扉が鏡面仕上げでないものは、
欄間の部分の見た目(木肌?)が粗く雑な感じで、
全体の雰囲気からみてそこだけ違和感。
これはちょっといただけないかな?と思いました。

 

『撫子』は上置きの白いお仏壇を置いていました。
ネットでは3万円台ですが、確か6万円ぐらい?
撫子の白は、扉がプラスチックのような感じですね。
ネットで材質を確認すると、扉は木質繊維版とのことですが、
質感としては硬質な感じがいたします。

 

ただしこれは、重厚な唐木仏壇を見たあとに、
お店の片隅で拝見してしまったからかもしれず、
新品が丁寧に梱包されてご自宅に届いたら、
どのお仏壇でも、きっと感動があると思います。
お店とご自宅ではサイズ感が全く違いますし、
何より、亡くなったご家族のために、
一生懸命選んだお仏壇には愛がこもっているはずですから。

 

お仏壇選びで一番大事なのは、亡くなった方を大切に思い、
厚くご供養したいというお気持ちだと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)