花いっぱいの新しいお仏壇

スポンサーリンク

 

 

今日は固定ページで「白いお仏壇特集」をつくりました。

楽天やAmazonの商品を紹介するときには、
レビューがあれば必ず読むのですが、
冒頭の商品のレビューが写真付で、
その写真を見たら、とても切なくなりました。

レビュー記事はこちらです

届いたばかりのお仏壇の写真があるのですが、
周りにお花がいっぱい。

そうね、亡くなって間もないと、お花がいっぱいありますよね。

普段、各ショップ様のホームページで、
見栄えよく撮影されたお仏壇の写真ばかり見ていると、
お仏壇がまるでインテリアの一部のような感覚が生まれてきて、
そういった、大切な人の死をめぐるリアルな風景や生々しさって、
つい忘れてしまうんですよね。

ほかにも、30代の方のレビューに、
「若くして亡くなった夫」という表現があったり、
私と同世代の方が「娘も喜ぶでしょう」と書かれていたり、
亡くなった親のために子が買うようなイメージを持っていると、
決してそうではなく、
志半ばで亡くなっていく若い、あるいは幼い命の存在を、
今さらのように思い知らされて切なくなります。

みんな、悲しいよね。

最近、初心を忘れて日用雑貨の店長みたいな気持ちで、
検索キーワードからニーズを拾ったり、
「この辺が受けるかな?」などと考えてばかりでしたが、
あらためて、お仏壇を買い求める人の気持ちにそって、
文面などには気を付けないといけないな、と思いました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)