仏壇の表情をつくる欄間

20150808_123218_892

 

これは築40年の我が家の昭和8年のお仏壇ですが、
写真の丸印のところを欄間(らんま)といいます。
続き部屋の和室の仕切りのふすまの上にある、
彫刻などで装飾されたものと同じです。

 

家具調のコンパクトお仏壇にもこの欄間があって、
意外にお仏壇全体の表情を決定づけていることが多いんですよね。

 

tirol_lb_01

これは村上クラフトさんのオーヴですが、
柔らかな曲線が暖かさを出していると共に、
普通の家具じゃないですよ?というささやかな主張も感じられます。

 

sq_nabana_image12a

これはなーむくまちゃん工房さんの「菜花」ですが、
はめ込みの突起を3本つけているだけで、
シルクロードを渡ってきて根付いた
古代のお寺を感じさせますよね。

 

w480_bd140676

こちらはぶつえいどうさんの「ピーチ」ですが、
格子にすることで和風な感じとか、
仏具であることを、ささやかに主張しているようにも思えます。

 

皆さんが、お仏壇をご覧になって、
なんとなく気に入ったりそうでなかったりするのは、
もしかしたらこの欄間もデザインも関係しているのかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)